初心者必見!ミリタリーアウターを種類別に解説

種類多過ぎ?ミリタリーアウター

出典:ZOZOTOWN

カジュアルファッションに欠かせない「ミリタリーアウター」。

そんなミリタリーアウターですが、とにかく種類が多くて、迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?

この記事では、ファッション初心者にもわかりやすく、ミリタリーアウターの種類をまとめました。

 

普遍にして定番!ミリタリーアウターを種類別に紹介

出典:ZOZOTOWN

とにかく種類の多いミリタリーアウターは、そのルーツによって機能性やデザインに特徴を持ちます。

ここからは、種類が多くて迷ってしまうミリタリーアウターを初心者でも分かりやすくご紹介していきます。

 

着合わせしやすさ抜群!:MA-1

出典:ZOZOTOWN

1950年代にアメリカ空軍に採用されたフライトジャケット。

機内の装置や機材に引っかからない様に装飾は非常にシンプルで、裏地はレスキューカラーのオレンジが特徴的なアウターです。

トム・クルーズ主演の映画「トップガン」での着用から、爆発的な人気を見せたアイテムで、以降アメカジスタイルの定番となっています。

中綿の有無によって春秋・冬とその形を変え、着合わせ力抜群のミリタリーアウターです。

 

男らしさを身に纏う:M-65

出典:ZOZOTOWN

1965年より寒冷地に対応したミリタリーアウターとして採用されました。

デタッチャブルライナーは取り外し可能で、襟元に収納されたフードが特徴的です。

また、最近ではこのデタッチャブルライナーをアウターとして着るのがトレンドとなっています。

基本腰元のミドル丈の物がベースですが、素材や装飾、着丈などをアレンジされて多く展開され、その独特な男くさい雰囲気が非常に人気のミリタリーアウターです。

 

モッズカルチャーから定番へ:M-51

出典:ZOZOTOWN

別名「モッズコート」」とも呼ばれる丈長のミリタリーアウター。

1951年にアメリカの野戦地用に考案されたミリタリーアウターです。

ファッションアイテムの一つのアイコンとなった背景には、1960年代のロンドンでの流行があり、「モッズカルチャー」にファッションアイテムとして取り入れられ、人気を博しました。

着丈が長く、ファーがあしらわれたフードやフィッシュテールと呼ばれる魚の尾のような裾などが特徴的な防寒性も高いミリタリーアウターです。

 

絶対防寒を誇る最強防寒ミリタリーアウター:N-2B N-3B

出典:ZOZOTOWN

出典:ZOZOTOWN

マイナス20度からマイナス30度といった寒冷地で活躍したミリタリーアウターである「N-2B」と「N-3B」。

見た目のデザインは非常に似ていますが、着丈が短く、裾がリブ仕様になっているのが「N-2B」で、着丈が長いタイプが「N-3B」になります。

また、N-2Bはフードがジップで開くように出来ており、細かいディティールが異なりますが、どちらも非常に高い防寒性を誇り、冬に一着あると便利なミリタリーアウターです。

 

武骨な男を演出する:N-1(デッキジャケット)

出典:ZOZOTOWN

1940年代より、アメリカ海軍の戦艦クルーの着用アウターとして採用されたデッキジャケットです。

袖口の内部には、風の侵入を阻むリブ仕様となっており、防寒性の高いアウターとなっており、「ルード」「ラギット」といったファッションの定番アウターとして人気を集めています。

 

今最も旬のボンバージャケット:B-3

出典:ZOZOTOWN

今最も旬なミリタリーアウターと言っても過言ではない「B-3」。

防寒性の高いムートン製のアウターで、襟元のボアが着こなしに重厚感をプラスします。

トレンドの着こなしとしては、ややオーバーサイズ気味で取り入れたいミリタリーアウターです。

 

【番外編】実はミリタリーアウターな定番アイテム

出典:ZOZOTOWN

今や冬の定番となっているアウターも、実はそのルーツがミリタリーにあるアイテムが多く存在します。

ここからは、そんな「実は」なアイテムをご紹介していきます。

 

漁師にも愛されたミリタリーアウター:ダッフルコート

出典:ZOZOTOWN

ダッフルコートは、漁師が漁に出る際に着用していたコートでしたが、第二次世界大戦時にイギリス海軍の水平に愛用され、多く着用されたことから世に広められました。

今や定番のウールコートとして定着しており、カジュアルファッションにももちろん、スーツや学生服など幅広く着られています。

特にこの冬はその柔らかい印象から再解釈が進められ、大人のお洒落な着こなしに欠かせないアイテムとして人気を集めています。

 

イギリス海軍御用達のミリタリーアウター:ピーコート

出典:ZOZOTOWN

こちらもイギリス海軍の艦上用軍服として採用されていたミリタリーアウターです。

ボタンに刻印された碇マークや、防寒性を高める幅広なリーファーカラーなど、そのルーツを物語るディティールは今も形を変えずに健在。

現在においては、学生から大人まで、洗練されたウールコートの定番として愛用されています。

 

防水性に優れた軍服:トレンチコート

出典:ZOZOTOWN

第一次正解大戦時に、防水性の高い生地を採用し作られたのがトレンチコートです。

丈長のスタイリッシュなデザインは、紳士の国イギリスで大きな人気を集めました。

英国王室御用達にもなる「バーバリー」や「アクアスキュータム」といったブランドのトレンチコートが有名です。

 

最後に:ルーツを基に、ミリタリーアウターを知る

出典:ZOZOTOWN

ミリタリーアウターには、それぞれ歴史的な背景、ルーツをもち、それがデザインや機能性に反映されています。

それぞれのルーツを知ると、より一層魅力的に映るミリタリーアウター。

ぜひこの記事を基に、あなたのワードローブにミリタリーアウターを加えてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい