お洒落に履きこなすための最適なジーンズの選び方

ジーンズ選びは奥が深い

出典:ZOZOTOWN

どんなファッションにもマッチする最強のカジュアルアイテムであるジーンズ。

今や様々なブランドやメーカーからジーンズが展開されていますが、自分にとって最適なジーンズ選びに悩んだことはありませんか?

ジーンズは幅広い着こなしに合わせることが出来ますが、選び方を間違えるとその魅力も半減してしまうかもしれません。

この記事では、そんなジーンズをお洒落に履きこなすための選び方をご紹介します。

 

ジーンズ選びの5つのポイント

出典:Pixabay

ジーンズを選ぶ時、選ぶ項目がいくつか存在します。

その項目の中でも特に押さえておきたいポイントがあり、それを自分にとって最適なものを選ぶことによって、より良いジーンズに出会うことができるのです。

それぞれのポイントをこまかくご紹介します。

 

①:着こなしたいテイストは?

出典:ZOZOTOWN

ジーンズはどんなファッションスタイルにもマッチするアイテムです。

しかし、着こなしたいスタイルによって、シルエットや色、素材感などが変わっていきます。

着こなしたいスタイルがきれい目なのか、トラッドなのか、サーフなのかなど、ある程度考えておくと、ジーンズ選びの際に着こなすイメージがわきやすくなりますので考えておきましょう。

 

②:あなたの好きなブランドは?

出典:Pixabay

ジーンズは様々なブランドが展開しています。

それぞれシルエットや加工感、履き心地など細かいディティールにこだわったジーンズですが、それぞれ強みや特徴があり、また自分の好きなブランドということで、より一層お気に入りの一本として履いていけるでしょう。

クオリティーなどの面からすると、個人的にはリーバイスやディーゼルといったジーンズブランドがおすすめですが、トータルコーディネートという面で考えるなら、気に入ったブランドで揃えるのも間違いはありません。

ブランドという観点からも、ジーンズ選びの際には押さえておきましょう。

 

③:色や加工感は印象を変える

出典:ZOZOTOWN

ジーンズの色や加工感は着こなしの印象に大きく影響します。

リンスカラー、濃色と呼ばれる濃く暗い色はスッキリとしたきれい目、あるいは武骨な印象を受け、加工感の強い淡い色のジーンズはよりカジュアルな印象を与えるのです。

また、加工によって入ったアタリ(色落ち)が激しくついていたり、ダメージがハードなものなどもよりカジュアルに感じます。

きれい目やきっちりとした印象の着こなしをしたいならリンスカラーなどの濃色、王道なアメカジスタイルを着こなしたいなら加工の入ったものをといった具合に、色落ちや加工感の色でジーンズを選ぶことも重要です。

 

④:ジーンズのシルエットは着こなしを決める

出典:ZOZOTOWN

ジーンズ選びにおいて見た目の印象を最も大きく左右するのがそのシルエット。

ジーンズには全体的な太さ細さを表す「フィット」と、裾先の形を表す「カット」の組み合わせでシルエットが決まります。

フィットは、太い順に「ワイド」「ルーズ」「レギュラー」「スリム」「タイト」「スキニー」と細かく変わり、カットは「ストレート」「テーパード」「フレア」「ブーツ」といった形に分類されます。

基本的に足を細くきれいに見せるなら、フィットは「スリム」「タイト」「スキニー」、カットは「ストレート」「テーパード」のものを選び、ゆったりとしたシルエットで着こなすなら「ワイド」で「ストレート」なものを選ぶのが良いでしょう。

それぞれの組み合わせによって見た目の印象が大きく変わりますので、自分の太ももの太さやお尻の大きさ、そして理想の着こなしに合わせてシルエットを選ぶのがポイントです。

 

⑤:ジーンズ選びの最大の悩み「サイズ選び」

出典:Pixabay

ジーンズ選びにとって最も重要となるのが「サイズ選び」。

もちろん、適したサイズというと、ウェストと太もも、ふくらはぎといった体型に合ったサイズを選ぶことが一番です。

この時、ウェストは合うが太ももが合わないといった部分的にサイズが合わないという悩みが出てくる場合がありますが、その際は先述したシルエットを変えてみるのも一つの手です。

また、ジーンズブランドのジーンズはサイズが1インチ刻みでサイズレンジが広いモデルが多いので、よりピッタリなサイズを選びたい場合は、そういったブランドを探すも良いかもしれません。

ただし、防縮加工がされていないノンウォッシュデニム(生デニム)に関しては、序盤の洗濯で縮んでしまう恐れがあるため、1~2インチほど大きめ、レングスの長いものを選ぶのを忘れないようにしましょう。

 

最後に:最適なジーンズ選びはお洒落への近道

出典:ZOZOTOWN

ジーンズが似合う。

そう言われる人が履くジーンズは、「着こなしに合い」「太さ丈感が絶妙」「こだわりのブランド」といったポイントがしっかりと押さえられています。

ジーンズは長い年月を経年変化を経ながら育てていける二つとないファッショアイテムです。

ぜひ今回ご紹介した5つのポイントをしっかり押さえ、あなたにとって最適なジーンズを見つけてみてください。

 

 

 

あわせて読みたい