この春注目のショートブルゾン「スイングトップ」の魅力とは

スイングトップこそ今季手に入れたいブルゾン筆頭株!

出典:ZOZOTOWN

秋冬のウールコート、ダウンジャケットといった防寒アウターから軽やかなブルゾンやジャケットに移り変わる今日この頃。

ズバリ今期のブルゾン注目株はスイングトップです。

大人のカジュアルスタイルに欠かせない定番アウターとして君臨するスイングトップが今、再び熱い注目を浴びています。

この記事では、そんなスイングトップの魅力に迫り、着こなしからおすすめアイテムまで幅広くご紹介していきます。

 

そもそもスイングトップって?

出典:ZOZOTOWN

スイングトップはフロントがジップ仕様で立襟が特徴的なショートブルゾンです。

もともとはゴルフ用のジャケットとして生まれ、短丈でシルエットのバランスを取りやすく、非常に凡庸性の高いブルゾン。

その原型はバラクータの「G9」という名作を原型としており、ジャンパー型のアウター全てにおいてのパイオニアとも呼べるブルゾンです。

 

スイングトップ?ドリズラージャケット?違いは何?

スイングトップと並び、よく名が挙がるのがドリズラージャケット。

これらはまったく同じもので、スイングトップがゴルフ用のジャケットとして生まれたことを由来とした和製英語となります。

また、海外ではハリントンジャケットとも呼ばれ、場所や状況によってその名の呼ばれ方が異なりますが、基本的には同じものを指しているので注意しましょう。

スイングトップの立襟が持つ最大の魅力とは

スイングトップの最大の魅力はその立ち襟。

ドッグイヤーカラー(襟を寝かせた状態が、垂れた犬の耳のような形状のスタンドカラー)とも呼ばれ、スイングトップのアイデンティティーの一つとなっています。

ファッションにおいて、首元は印象を決める最も重要なポイントと呼ばれ、シンプルながら存在感のある立ち襟があるため、どんなインナーと合わせてもさみしい印象を持たせず着こなすことが出来るのです。

短丈でバランスを取りやすく、シンプルないでたちは様々な着こなしにマッチし、立ち襟がコーディネートにアクセントを加える。

これがスイングトップの最大の魅力です。

 

今季マストバイのスイングトップ3選

①:BARACUTA / バラクータ G9

出典:ZOZOTOWN

スイングトップ(ドリズラージャケット)の原型となったバラクータのG9は本物志向の人におすすめの逸品。

アイコンの立ち襟に太めのアームホール、腰元のリブなど完成されたデザインは飽きることのない定番のスイングトップです。

インナー・アウター関わらず使用できる凡庸性もなによりの魅力。

 

②:LACOSTE / ラコステ ドリズラージャケット

出典:ZOZOTOWN

フランスの老舗ブランド「ラコステ」のスイングトップ。

リバイバルトレンドが市場を席巻する中、クラシックなラコステのスイングトップはまさしくマストバイの逸品です。

オリジナルヘッドのダブルジップに、ラコステアイコンのロゴマークがお洒落なモダンテイストなスイングトップ、おすすめです。

 

③:URBAN RESERCH Sonny Label コーンデニムスイングトップ

出典:ZOZOTOWN

セレクトショップ「URBAN RESERCH」のブランド「URBAN RESERCH Sonny Label」のスイングトップです。

高品質なデニム生地を提供することで定評のあるコーンミルズ社のデニム生地を採用したスイングトップで、独特な風合いが現代的なシルエットとマッチしたアイテムとなっています。

クラシックな形のスイングトップと比較して、現代のシルエットやスタイルに合わせやすく、気軽にスイングトップを着こなしたい方におすすめです。

 

スイングトップをお洒落に着こなすコーデ例

スポーツスタイルに取り入れる

出典:ZOZOTOWN

カットソーにラインパンツを合わせたスポーティーなスタイルにクラシックなスイングトップスを合わせたコーディネート。

ラインパンツ、インナーのカットソーの色の組み合わせをどこかレトロな雰囲気でまとめ、全体のバランスを整える技ありの着こなしです。

 

爽やかな春コーデに

出典:ZOZOTOWN

ホワイトのテーパードシルエットのワイドパンツにホワイトのオールスターを合わせた爽やかな春コーディネートに深めのネイビースイングトップを合わせたスタイリングです。

裏地のクラシックなチェックが今のトレンドともマッチし、ぜひ真似したい春の着こなしになっています。

 

デニムオンデニムもスイングトップなら野暮ったくならない

出典:ZOZOTOWN

先ほどご紹介したコーンミルズのデニムを使用したスイングトップに、ケミカルジーンズを合わせたストリートスタイル。

デニムオンデニムもこんな組み合わせなら、どこかレトロなストリートスタイルで、野暮ったくありません。

インナーの差し色がポイントです。

 

最後に:ストリートにもきれい目にも

出典:ZOZOTOWN

スイングトップの最大の魅力は、そのクラシックな雰囲気とアクセントのあるデザインが、ストリートスタイルにもきれい目にもマッチすることです。

着こなしの幅が広く、一着あると何かと便利なスイングトップ。

この春旬の今だからこそ、スイングトップをコーデに一つ、加えてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい