本当にジーンズに合うワークブーツとは

ジーンズに合う。これがブーツ選びの絶対条件。

出典:Pixabay

男のワードローブには、ブーツとジーンズの切ってれない関係性がある。

「ファッションは足元から」と言いますが、男のカジュアルスタイルに欠かせないジーンズに合わないブーツは、選ぶわけにはいきません。

この記事では、これからのブーツ選びに役立つ、本当にジーンズに合うブーツをご紹介していきます。

 

ジーンズに合うブーツの三つのポイント

①:ワークをルーツに持つ

出典:Pixabay

ジーンズのルーツは労働者のための労働着です。

それならワークをそのルーツに持つワークブーツなら、ジーンズに合わないはずがありません。

武骨さの残るワークブーツは、ジーンズスタイルの足元でしっかりとその存在感を放ってくれます。

 

②:細身にもルーズにも

出典:ZOZOTOWN

ジーンズと一言によってもそのシルエットは多岐に渡ります。

その中でもテーパードやスキニーといった細身なシルエットのものから、バギーやルーズといったゆったりとしたシルエットのもまで様々です。

レギュラーストレートはもちろん、細身にもルーズにも対応できるフォルムを持つことも、ブーツ選びの一つのポイントとなるでしょう。

 

③:ジーンズに負けない魅力を放つ

出典:ZOZOTOWN

ブーツ選びで最も大切と言っても過言ではないのが、ブーツ自体のその魅力。

重厚感のあるフォルムや、気品のあるソールなど、足元からしっかりと存在感を放つディティールが無ければ、ジーンズとの組み合わせがいまいちな印象を与えてしまう原因になってしまうかもしれません。

ブーツ選びでは、そのクオリティやディティールは、メーカー・ブランドに寄与するところもありますが、ジーンズの裾で隠れてもしっかりと存在感を発するものを選びたいところです。

 

ジーンズに本当に合うブーツを厳選

ジーンズ×ブーツは、その選び方で一つでより魅力的なスタイリングになります。

ジーンズに合うブーツは一体何なのか。

ここからジーンズに本当に合うブーツを厳選し、ご紹介していきます。

 

①:REDWING / レッドウィング クラシックワーク / 6インチ モックトゥ STYLE NO.875

出典:レッドウィング公式サイト

アメリカの当時のワーカーたちから愛された、アイリッシュセッターの名作「875」。

レザーの色味にこだわるファンにとって、当時の色味に最も近いレザー「オロイジナルレザー」をルーツに持つ、「オロレガシーレザー」をアッパーに使用していることから、コアなファンから高い人気を集めています。

深みのあるレザーの色味と足元に適度なボリューム感を作るモックトゥが、ジーンズとの最高の組み合わせを持ち、ジーンズのシルエットを問わず抜群のバランスを引き立ててくれるため、おすすめです。

 

②:Danner / ダナー ポストマンブーツ チャッカブーツ

出典:ZOZOTOWN

郵便局員の足元を支えたポストマンブーツ。

アウトドアブーツブランドであるダナーのポストマンブーツは、確かなクッション性と高い耐久性を誇ります。

サービスシューズとしての一面を持つポストマンブーツは、武骨なワークスタイルはもちろん、ジャケットにリンスカラーのジーンズといったスタイルの足元にもきれいに合わせられます。

すっきりとしたシルエットに、光沢のあるガラスレザーが、細身のジーンズとも相性抜群です。

 

③:WOLVERINE / ウルヴァリン 1000MILE BOOT

出典:ZOZOTOWN

1000マイル歩いてもへたれない。

味のある最高品質レザーである「クロムエクセルレザー」を採用したウルバリンの1000マイルブーツは、クラシックドレスブーツとしてジーンズと抜群の相性を見せます。

気品のあるレザーソールや緻密なステッチワークなど、細かいディティールが溜まらない一足です。

ワークブーツの中でもすっきりとしたシルエットで、着合わせにも困らないだけでなく、クロムエクセルレザーが放つ渋い輝きが、こだわり深い大人の男を満足させてくれます。

 

④:Clarks / クラークス Desert Boot

出典:ZOZOTOWN

クラークスの名作ブーツ「デザートブーツ」。

柔らかなクッション性を持つクレープソールに、風合いの良いスエードのアッパーが上品な大人の男のスタイルを演出してくれます。

ジーンズの色合わせにも困らず、細身とも相性が良いため、ワークスタイルはもちろん、キレカジやサーフな着こなしにももってこいなブーツです。

 

⑤:CHIPPEWA / チペワ 11inch ORIGINAL ENGINEERS BOOTS

出典:ZOZOTOWN

大人の男が履くべきブーツと言えばエンジニアブーツ。

チペワは、チペワインディアンが居住していたウィスコンシン州チペワ・フォールにて、最初のブーツが製造されたことに由来し、エンジニアブーツに高い支持を持っているブランドです。

ルーズなジーンズを上から被せてもよし、スキニージーンズをブーツインしてもよしと、すっきりとしたプレーントゥが抜群の凡庸性を持ちます。

 

最後に:ジーンズとブーツは相関関係にある

出典:ZOZOTOWN

ジーンズとブーツは、それぞれの物の良さによった相関関係にあります。

より良いジーンズは、より良いブーツを引き立て、大人の男のカジュアルスタイルをもう一つ上のランクにクラスアップしてくれます。

より良いジーンズと出会ったなら、それに合わせるブーツも、ぜひさらに深いこだわりで選んでみてくださいね。

 

あわせて読みたい