鉄板アメカジスタイルを彩るデニムジャケットの魅力

一着は持っておきたいマストハブアイテム「デニムジャケット」

出典:ZOZOTOWN

アメカジを問わず、様々なスタイルにハマる定番アイテム「デニムジャケット」。

ワークウェアのルーツを持ち、タフな生地に完成されたデザインは、一着は持っておきたいジャケットです。

お洒落好きな人にも、ファッションに目覚め始めた初心者の方にとっても、着こなしの幅を広げてくれるデニムジャケットは、この春ぜひ手に入れておきたいところ。

この記事では、そんなデニムジャケットの魅力に迫り、着こなしのポイントからおすすめアイテムまで幅広くご紹介していきます。

 

知っているようで知らないデニムジャケットの話

出典:Pixabay

ワークウェアの定番素材として扱われたデニムは、1980年代にはリーバイスの501を始め、衣類の素材として使用されるようになりました。

当初は労働着として使用されていたデニムですが、1940年から1950年代にかけてデニムジャケットが多くのデニムブランドから展開され始め、アメカジの定番アイテムとしての地位を確立しました。

リーバイスのファーストジャケット(506XX)に関しては、その原型が20世紀初頭にリリースされています。

デニムジャケットは「ジージャン」とも呼ばれ、これは「ジーンズジャンパー」の略で、一般的な呼び名としてはデニムジャケットと同等に呼ばれ、人々に愛着を持たれるファッションアイテムとなりました。

 

デニムジャケットをお洒落に着こなすポイント

出典:ZOZOTOWN

デニムジャケットを選ぶ上で重要なポイントは、「サイズ感・カラー・オンス」の3つのポイントに分類できます。

これらをしっかりと押さえて選ぶことによって、よりお洒落にデニムジャケットを着こなすことができるのです。

ここからはそのポイントを解説していきます。

 

ビッグシルエット?肩の位置に注目!

出典:ZOZOTOWN

近年流行のビッグシルエット。

流行に合わせてビッグサイズのデニムジャケットが多く展開されていますが、大人っぽくお洒落に着こなすなら肩が気持ち落ちた程度のサイズ感で着ることをおすすめします。

オーバーサイズに関しては、基本的に一過性のトレンドでもあるため、長い目を見て定番のジャケットとして使うなら、大きすぎないサイジングを選びましょう。

また、冬時期のジャケットとなるとインナーも分厚くなるため、上記のようにゆとりのあるサイズ感がおすすめです。

 

着こなしに合わせたカラー選び

出典:ZOZOTOWN

デニムジャケットは大きく分類すると、濃色・中濃色・淡色、そしてブラックなどカラーバリエーションがあります。

基本的に濃く暗い色程シックな印象を与え、明るい色になればカジュアルな印象になります。

着こなしのポイントとしては、きれい目な着こなしに合わせるなら濃色、カジュアルには淡色に色の明るさを変えるとコーディネートによく馴染むので、着こなす雰囲気に合わせましょう。

 

春アウターのインナーにさり気なく

出典:ZOZOTOWN

まだまだ気温が低い。

そんな気候の時は、コートのインナーに一挿しするとよりお洒落に着こなせます。

アウターにもインナーにも。

そんな便利さもデニムジャケットの魅力の一つです。

 

今春マストハブはこれ!おすすめのデニムジャケット

出典:ZOZOTOWN

デニムジャケットの魅力は、展開するブランドによってその個性が様々です。

歴史的背景を持ったブランドから先進的なデザインを持つブランドまで、デニムジャケットを選ぶ上で、デニムブランドという観点は外せません。

ここからは今春マストハブのデニムジャケットをご紹介します。

①:Levi’s MADE&CRAFTED TYPEⅢ

出典:ZOZOTOWN

キングオブジーンズの称号を持つデニムブランド「Levi’s」。

今Levi’sの展開するライン「MADE&CRAFTED」が注目を集めています。

このラインが展開するデニムジャケットは、Levi’sの名作タイプⅢをモダンにアップデートしたモデルです。

コレクション用のプレミアムファブリックを全体から細かい部分に加工感は要チェック。

 

②:LEE 101J

出典:ZOZOTOWN

デニムジャケットを語る上で、やはりジーンズ三大ブランドは外せません。

今市場でも高い人気を誇るLEEの名作「101J」。

フロントのジグザグステッチやフラップ部分のロゴなど、細かいディティールは今も変わらずアイコンとなっています。

 

③:RRL コットンデニムジャケット

出典:ZOZOTOWN

こだわり深い大人だからこそ似合う至高のデニムジャケットは、アメトラの帝王ブランドにありました。

ラルフローレンのヴィンテージライン「RRL」のデニムジャケットは、ヴィンテージの雰囲気を纏った逸品です。

表情に表れる質感のあるスタイルは、一枚でコーディネートの主役へと引き立てます。

定番だからこそより上質で高品質なものをと考える大人の男性におすすめしたいデニムジャケットです。

 

最後に:定番にこそお洒落の真髄がある

出典:Pixabay

カジュアルウェアの定番であるデニムジャケットは、今のトレンドにも対応でき、且つあまりトレンドに左右されないアイテムです。

労働着をルーツにもち、タフな着回しにも対応できるため、経年変化も楽しむことができます。

大人のカジュアルスタイルは、定番のデニムジャケットをお洒落に着こなすことで、よりそのスタイルをクラスアップしてくれます。

ぜひこの春デニムジャケットを、あなたのワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい