こだわり深い大人のためのジーンズの育て方

ジーンズは経年変化を楽しめる相棒

出典:ZOZOTOWN

幅広いスタイリングに合わせられるカジュアルボトムであるジーンズ。

そのルーツは炭鉱で働く労働者のために作られたワークウェアであり、耐久性も抜群です。

そんなジーンズは、その特性上色落ちなどの経年変化を楽しめるアイテムでもあります。

こだわり深い大人なら、「相棒」とも呼べるようなジーンズを一本育てたいところです。

この記事では、自分好みの相棒となるジーンズの正しい育て方をご紹介していきます。

 

ジーンズの色落ち、それは個性

出典:ZOZOTOWN

ジーンズは色落ちや縮みや撚れといった形で、履き込んでいく毎にその姿や表情を変えていきます。

そんな経年変化はまさしく唯一無二であり、機械での加工においても全く同じ加工感を作ることはできません。

経年変化の色落ちは、その履いた人の動きの癖や、ライフスタイルの個性が反映され、またそれが一段と深い「味」となっていきます。

ジーンズをそういった観点から見てみると、経年変化によってその味の深みが増していく毎に、より一層愛着を持て、相棒とも呼べるジーンズに脚を通すことがより楽しみになっていくことでしょう。

 

ジーンズは洗わなくてよい?

出典:Pixabay

ジーンズは洗わないもの。

そういう言葉を耳にしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

ジーンズは藍染めした綾織の先染め衣料であり、藍は糸に染まりにくく離れやすい性質を持ちます。

洗えば洗うほど、藍は糸から離れ色落ちをしてしまうため、洗わない方が良いという考え方が出ているのです。

もちろん、あくまで自分自身のジーンズをどのように育てていくかは、あくまで個人の自由ですが、基本的には洗濯は定期的に行った方が良いと言えます。

 

洗濯しない!はジーンズの寿命を縮めてしまう

ジーンズを洗わないことは、そのジーンズの寿命を縮めてしまう要因になりかねません。

ジーンズの生地に常に触れている皮膚から、皮脂が付着し、累積していきます。

皮脂はタンパク質であり、これがバクテリアの増殖や生地の痛みの原因になってしまうのです。

その結果破れやすくなってしまったり、極端な色落ちをしてしまう場合があります。

そもそも使用頻度の多い場合、汗の付着や埃や汚れの付着の放置によって悪臭を放ってしまい、単純に不潔です。

もちろん洗いすぎは良くないのですが、周りの人に不快に思われないためにも、定期的に洗濯をすることをおすすめします。

 

洗濯の頻度 ~ジーンズの色落ちを最大限に楽しむために~

出典:ZOZOTOWN

それでは、ジーンズの洗濯はどれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

それは使用頻度や環境によります。

使用頻度が週に一回程度なら1~2か月でも十分です。

ただし、真夏など汗をよくかいた後や、作業で汚れてしまったなどの際は洗濯をして汚れや汗を落としましょう。

洗い過ぎはそれはそれで過剰な色落ちや洗濯によるダメージの可能性もありますので、程よい間隔でジーンズの状態をみながら洗濯をしてくださいね。

 

程よい色落ちを作る洗濯の仕方

出典:Pixabay

ジーンズの魅力はそのインディゴが徐々に落ちていくところにあります。

色が残っている=かっこいいというわけではありませんが、その色の変化を楽しむところもジーンズの魅力です。

ここからはジーンズの色落ちを最大限に楽しむための洗濯時のポイントをご紹介していきます。

 

ジーンズの姿かたちを崩さないために

ジーンズの型が洗濯によって崩れることや、思っていたよりも色落ちをしてしまいガッカリしないために、する対処法をご紹介します。

洗濯をする前に、ジーンズをボタンやジップ、トップボタンを締め、裏返しにしてきれいに畳みます。

そして洗濯ネットに入れておくと型を崩さず色落ちも最小限にすることが出来るのです。

もちろんロールアップした裾を戻したり、付着している汚れや埃を軽く落としてから形を整えておきましょう。

 

ジーンズの洗濯は漂白・蛍光剤の入った洗剤を使用し、単体で洗う

ジーンズの極端な色落ちをさせないために、使用する洗剤は漂白・蛍光剤が使用していない洗剤を使用しましょう。

ジーンズ、デニム生地専用の洗剤を使うことが望ましいですが、難しい場合おしゃれ着洗いの洗剤を使用します。

また、移染の可能性もあるため、基本的にジーンズ単体で洗濯をするようにしましょう。

柔軟剤も特に使用する必要はありません。

 

仕上げの乾燥に注意!

出典:Pixabay

洗い終わったジーンズを乾燥させる場合は、基本的には自然乾燥が望ましいです。

防縮加工が施されたジーンズが一般的なため、乾燥機などで乾かしても極端な縮みは生デニム以外はありませんが、それによる生地の痛みがありますので、初洗いやシュリンクフィットの洗濯以外は自然乾燥が基本です。

また、裏返したジーンズはそのまま裏地を表にし、日陰に干して乾かすことによって日焼けを防止することができます。

乾燥時の縮みを防ぎたい場合は、ウェスト部分を下にして裾を上に吊るして干すと、ジーンズ自体の重みで縮みを抑えることができるので、ぜひ試してみてください。

 

最後に:自慢の相棒をどう育つかはあなた次第

出典:ZOZOTOWN

ジーンズはその人の癖やライフスタイルの個性が経年変化に反映する特別なファッションアイテムです。

ワークウェアとしてのルーツを持つため、その耐久性も抜群で、長い年月を共に過ごしていくことができます。

そんな相棒とも呼べるジーンズは、定期的な正しい洗濯でより長く、よりかっこよく育てることが出来るでしょう。

ぜひこの記事の内容を参考に、こだわり深く自分好みのジーンズを育てていってくださいね。

あわせて読みたい